時系列無視で更新中。


by tomo_higashi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2005年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

know-how

b0010831_22332841.gif


ノウハウ = know-how

(1)〔知識・技術の意〕製品開発・製造などに必要な技術や知識などの情報。技術情報。
「―料」
(2)ものごとのやり方。        大辞林 第二版 (三省堂)より

意味分からん。結局ノウハウの語源は何?
[PR]
by tomo_higashi | 2005-02-27 22:37

viewer

b0010831_123557.jpg

雑誌デビューです。微妙なコメントが載っています。2/17に創刊された雑誌なので、書店で見つけたらパラパラとみてみてください。

オレンジ色のページにいますので。
[PR]
by tomo_higashi | 2005-02-25 12:05 |

東京大学卒業設計講評会

東京大学卒業設計講評会

日時:平成17年4月1日(金) 14:00-18:00(会場13:15)
会場:東京大学本郷キャンパス 安田講堂(定員1200名、先着順 無料)
   当日は定員になり次第、入場を締切らせて頂きます。
講師:(50音順 敬称略)  
   伊東豊雄(建築家)
   小嶋一浩(建築家 東京理科大学教授)
   妹島和世(建築家 慶応大学教授)
   西沢大良(建築家)
   原研哉(グラフィックデザイナー 武蔵野美術大学教授)   
   藤森照信(建築史家・東京大学教授)        
                             (公式HPより)

これだけオープンだとやっぱりいいね。
[PR]
by tomo_higashi | 2005-02-05 11:05

上田薫

上田薫さんを知っていますか?
スーパリアリズムの画家です。「割られた殻から落ちる玉子の絵」を一度は見たことがあるはず。

ふと、こんな夜中に小さい時を思い出しました。

上田さんは昔、実家の隣に住んでました。二階に凄く広くて、天井の高い部屋があって、なんであんな大きな部屋なんだろって、自分の部屋から見てました。そのころは、画家だなんて知らなくて、暇そうなおじちゃんって感じでした。
奥さんも大きな布を広げて何かやってた記憶があります。キルト作家だったようです。

大学二年の夏に、気仙沼にある石山修武設計のリアスアーク美術館に行きました。そのとき、偶然にも上田薫展をやっていました。確かそのときに、凄い人だったんだと実感しました。
そんなとき。絵なんて全然知らない父親が、上田さんの絵を職場に置こうと思って、見積もったら凄い値段で予定の1/10の大きさの絵しか置けなかったと昔言っていたことも思い出しました。

上田さんの家の隣は、昔空き地でそこでよくサッカーとか野球もどきをやって、何度かガラスを割りそうになったり、実際にガレージの波版割っちゃったりして・・・。

そんな空き地も、今は道が整備されて家が建ちました。上田さんも12.3年前に引っ越していきました。

今度、個展があったら見に行きたいと思った2005年2月4日午前4時52分でした。
[PR]
by TOMO_HIGASHI | 2005-02-04 04:52 |

中田浩二の移籍問題3

もう移籍しちゃいましたが、あちら(仏)の委員会かどっかが、移籍を承認しないとかなんとか。
よく考えてみると、中田浩二と鹿島の契約は1/31までであって。
で、ヨーロッパの冬の移籍期間(ストーブリーグ)は、1/31までであって・・・。

つまり、時差の関係で日本の1/31が終わった瞬間に契約すれば間に合うの?
ん?
なにか思い違いしてるかな?
[PR]
by tomo_higashi | 2005-02-04 00:36 |